直リンクで入られた方に
ここはアダルト専用
ページです。
18才以下の方は
ご覧になれませ
18才以下の方は
こちらにどうぞ
表紙に戻る 販売商品のページ レンタル商品のページ
愛好者のページ 一覧のページ 1  1
以下 18禁
王様の乳

現代は人工娘も王様の乳を飲みます。
      国を襲う食糧難
 昔ある国が大変な食料難に見舞われた。
 一国を授かる国王も為すすべもなく財宝を売り、食料に変えて民に与えていたが、ついに売れる財宝も底を突き途方に暮れて、毎日悩んでいた。
 少しでも食糧難を解決しないと、国亡にもなりかねない焦りもあった。妊婦や子供には優先的に与えるようになっていたため、年寄りには回らなかった。
 年寄りを何とかしなくては、老齢化で歯の無くなった人にも栄養価の高い流動食を与える必要に迫られた。現在のように乳製品も無い。与えるものはなにもない。
 王様は、最後の究極の手段に打って出た。

      王様は最後の食料を老女に与えた
 歯を全部無くした、お腹ペコペコのお婆さんを呼んだ。
 「私は、貴女に与えられる食料はもうありません。私の持っている最後のものを差し上げます。」
 と言って歯の無い老女を部屋に案内した。
 その部屋には、食卓も食料も無かった。
 「さあ、口を大きく開きなさい。」王様は言った。
 老女は、食べ物が無いのに口を開ける理由が分からなかった。
 王様のペニスは老女の口に入った。
 「これが、私から貴女に与えられる最後の食料です。」
 王様は、口にペニスの入った老女の頭を優しくなぜた。
 老女は布団に仰向けに寝かされた。
 再び王様のペニスは老女の口に入り、王様の股は老女の頭を強く挟んで固定した。
 老女の口は太いペニスで一杯になり、のどの奥まで密着した。
 口から息が出来ず、鼻から息をしながら、ペニスを唇で絞めた。
 王様のペニスの先端から、老女の口に精液が流し込まれた。
 空腹の老女は喜んで飲み込んだ。
 「これが、私から与えられる最後の食料です。」

         みんなで協力
 それから、老女は順番で王様の精液を飲むようになった。
 誰言うことなく、王様の乳と言われるようになった。
 いくら王様でも、一人で全国の歯の無い老女を賄えるわけはない。王様にならって全国から独身の若者が食料難緩和のため志願して老女のお腹を癒した。
 老女は大変な食料難とはいえ、若者の精液の病気混入など心配しながら飲み込んだ。
 あそこの若者のお乳は美味しいとか、噂話も聞こえた。
 そんなことより、若者は誰にでも惜しげなく与えた。
 原則的には、公平を期待するため相手を特定してはならない取り決めが決められ、相手の若者は輪番に回ってきた。
 以前利害関係等で仲違いした家庭の老女の口にも、喧嘩で負けた家庭の若者も惜しげなく与えたので、以前の仲違いは解消して、近隣関係がすこぶる良くなった。
 若者に縁談があっても、若者の悪口を誰一人言うこともなく、羨望の目で見られるようになった。
 病気の心配の無い場合は、孫娘を結婚相手に差し出すこともあった。
 老い先短い祖母が毒味しているので安全性が高いからです。
 また、ペニスの感覚も分かっているので、孫娘の幸せのを願うことも出来た。
 若者も、可愛い孫娘のいる家庭の老女に供与する時は、心の底にある種の希望を持って、老女の頭を優しく押さえて与えたものでしょう。
 祖母の立場でも、孫娘がOKの場合は幸せを確認するため、別口で味わうこともありうる。のです。
 老女が別口に供与された場合は、孫娘もOKの可能性が大です。
 人生経験の豊富な、おばあちゃんのお墨付きなら孫娘も安心してお嫁に行けるでしょう。
 目的は食料難緩和のため口径が原則であるが、別口に入れてしまう若者もいた。究極の食糧難緩和にはなりませんでしたが例外もでました。間接的には、緩和になったでしょう。

        その後
 過ぎてしまえば、一時的な食糧難。よくしのぎを削り頑張って乗り切ったものである。
 食料難を乗り切った苦節を記念して、国民祝日に「食料記念日・収穫際」が定められ、国を挙げての祝日になった。
 祝日には、祝い旗を付けた農家のトラクター街頭行進、食料加工工場や商社では、祝い酒を飲んで休業、食品店では、半額売り出し。
 王様の英知を忍んで、記念像の除幕式も食料記念公園で食料記念日に行われた。
 除幕したのは、王様の子族と老女の子族男女二人が選ばれた。
 裸の王様のペニスを口に入れる老女像である。
 こんなの、飾るに値しないとの反対意見も有識者からも論じられたが、多くの生命危機を回避した王様の勇断は、反対している有識者の祖母の生命をも救っていたたので、有識者も賛成した。
 老女が王様のペニスを口に入れた像は、絶対に食糧難になるようなことをしてはならないということを後世に戒めた像である。
       
       像制作の経緯
 うれしそうに王様のペニスを口に入れる老女の像
 優しく老女の頭をなぜる王様像
 彫刻家は依頼目的に対応してそれなりのイメージを意識するものである。
 彫刻家のイメージ構築の参考にするため、二人のモデルが選ばれた。
 一人は元映画大女優のキャセリーナ。キャセリーナの祖母はかつて王様の乳を飲んで命を継いだ人である。子供の頃祖母から王様の乳の話を聞いていた。キャセリーナは成人したら女優になって売り出し家庭の食料を確保したかったのでどんな役でも夢中になって演技した。
 もう一人は、農林食料大臣である。小さい頃祖父が食べ物を腹一杯食べて死にたいと言っていたのが頭に残っていた。
 農業大学を苦学で卒業して念願の農林食料省に入った。
 草掻きに代わり草の根から土のよく落ち、狭い間の草もよく取れる動力除草機など農業機械の研究開発、除草剤の開発プロジェクトチームの編成、防虫網の開発等生産性を上げる方法に努力した。
 この人が王様役、裸になって食料確保のため惜しげなく精子を与える王様の姿。それを受ける老女役のキャセリーナの絶妙の演技。
 彫刻家の前で演技する前に、キャセリーナと農林食料大臣は十分な練習をしていたのである。
 一生独身で通したキャセリーナは、演技練習中も農林食料大臣を男として迎えたのである。
 練習とは言えキャセリーナは一週間も実際に空腹に耐え、何十回も農林食料大臣の精液を実際に飲んだのである。
 度重なる練習で農林食料大臣の精液の味はおいしく感じるようになった。
 演技とは、実際の状態を再現して、幾度も練習して不自然さを無くすことです。キャセリーナは農林食料大臣に言った。
 その言葉の裏には、練習を通じて農林食料大臣との時間がキャセリーナには惜しかったのです。
 昔活躍した大女優は練習でも老女になっても演技では他の人に勝っていた。
 キャセリーナの演技にはNGが少なかったのも有名であった。  高いフェルムを無駄にしないキャセリーナは十分な練習をした、演技役者のプロとして、制作撮影関を効率的に行ったので、制作期間の短縮、制作経費節減、味わいのある演技でスクリーンを見る観客と共感と希望を共にすることが出来た。
 「私は、スクリーンを見て頂く観客の中にいます。」
 上映される時は、仕事の合間をぬって、自分の演技を見て観客とお話をして、観客の心に関与した効果を確認していた。
 役者試験の時は、背丈もちんちくりん、色も黒い、方言丸出し、
課題演技も様にならない、これではいくら希望が強くても受かるわけはない。家が貧乏だったので、映画すら見ていない。
 落ちた。映画会社の掃除婦に再応募した。合格。
 キャセリーナは人一倍掃除をした。次が食堂で役者のご飯作り。次が道具係りで運搬役。暫くしてセッテングも手伝わせてもらった。次が照明係りで絶妙な照明演出をしてヒットに関与した。ある日、貧乏人役が休んだ。撮影日程もあったのと、貧乏人役ならそんなに神経を使って役者を選ぶことはない役柄であった。背丈もちんちくりんなキャセリーナに代役が来た。
 照明をセットしたまま照明台から飛び降りて演技した。
 封切り後、「あの貧乏人が真剣に貧乏と戦う姿に感動を受けた」と言う投書が相次いだ。後にも先にもない、わずか一分間のシーンである。
 役者試験の後「あんなの使えないねえ。ここによく来たものだ。」と酒飲み話した元試験員の役者も試験の難しさを知った。
 皮肉にも、笑った試験員役者との共演もあったが、笑った試験員役者は笑ったことをおくびにも出さなかった。
 キャセリーナは苦労して役者への階段を登って行ったのである。
 彫刻家はあらゆる角度から見つめて、頭の中にイメージ化した。
 刻まれた顔は、農林食料大臣の顔ではなく王様の顔、相手役のキャセリーナの顔ではなく、キャセリーナの祖母の顔。
 でも農林食料大臣とキャセリーナの表情はそのまま刻まれた。
 農林食料大臣とキャセリーナの交わりは、いつまでも快く二人の心に残った。それは、像の表情にもしっかりと描写されている。
ページ内リンク
リンク先は人工娘のページです。娘に酷似した人工娘の画像や販売、レンタル、愛好者等の情報でお楽しみ下さい。
表紙に戻る 販売商品のページ レンタル商品のページ
愛好者のページ 一覧のページ 1  1
動画 アダルト動画 ライブチャット