表紙に戻る 販売商品のページ レンタル商品のページ
愛好者のペー 一覧のページ
戦争の痛み
 宗教は心の教え。本来ならよい心を教え、協力してよりよい社会を築くもの。
 宗派間で利害や思想や欲望が対立し、貧富の差が生じると競争や戦争になることもある。
 日本国内でも、宗派間の争いはある。今のところ暴力や強制を行使するまでに至っていないのが幸いである。
 信仰の自由が平和を守っている。
 ところが、そのような国だけではない。
 戦争が長期化すると、とんでもないことが起きる。
 女性の捕虜を箱の中に逆さに入れ、頭だけ箱の底から出させる、肩は箱の底で支え、腕は箱の中に窮屈に収まる。
 下半身は箱から逆さまに露出させ、脚は開脚棒で固定する自動受精機
にセットされる。
 精子は若い男の捕虜から自動搾精製で搾った精液を冷凍保存したものを使用している。
 精子の選抜は、美女が生まれるように、親の体格、病気、顔つきなど
100項目のデータからコンピュータで組み合わされ自動選抜されて
受精機に精子カセットがセットされる。
 自動受精機のアームの先に付いたゴム製人口ペニスが押し込まれ
必要によりカムが回転して往復動をするようになっている。
 血圧や脈拍が丁度良くなった時点で、精液発射。
 失敗も多いので、常時結果で組み合わせを修正している。
 頻繁に修正されているのは、大型コンピュータの精子組み合わせ
ソフトである。
 但し組み合わせソフト自体を変更するのは人手が大変なので、特別
な場合以外はデータ入力で自動組み合わせ変更をしている。
 生まれるとまもなく、次の人工授精をした。
 45才ま2年に1人生ませられた。
 乳牛を妊娠させ、牛乳を搾取するのと変わらない。
 受精が成功し妊娠すると、慰安婦に使った。
 自分達の子供を産ませないためである。
 生まれた男の子は、物心付かないうちから、他人を憎み、他人のものを取り、他人を苦しめる教育をされる。
 将来、兵士として使うため凶暴で忠誠心を植え付けるのである。
 乱暴をすると褒美がもらえた。
  男の子は早く親から引き離され、死を教えない特攻隊の様な教育を受け、12才位になると、戦地に行かされ、危険を知らない戦士にされ,凶暴に捕虜を捕まえてきさせた。
 いずれ祖国を攻撃するために自分の生命が使われることや、自分の祖父母に銃口を向けていても、自分のいわれを、教えられていないため、親不孝を全く知る由もない情報隠蔽と思想の型にはめられて育てられた。
 命知らずに教育され、時限爆弾を背負わされ、走らされた。
 自国の兵隊が安全に戦えるように、敵国の子孫を沢山生ませ、戦争用に教育して、自国の兵隊の地球より重い生命を大切にしたのである。
 食料は、兵士の残飯をミキサーで砕き、小麦粉で練ってやいやものなので、安上がり。衣類も、祖国で使用すみの廃棄品を使った。
 教育も、小さいうちから掃除や、食事造りをさせられたので、教育費はないので、幾人でも安く育てることが出来た。
 戦車やミサイルより安く、ミサイル一発のコストで1000人を12才まで育てることが出来た。
  女の子は、感じのよい慰安婦にするため、母親の愛情で育てられ、優しく美しい心を持った思いやりのある性格にするため、情操教育をして心優しい表情にした。
 生まれると、寒さ暑さに馴れさせるため、気温変化室に入れられ、寒さ
で風邪を引かない、熱中症にならない体にした。
 また、裸体を鑑賞するため裸にしておくことが多いので、裸にも恥らう
事が無いよう生まれた時から慣れさせた。
 美人にするため、糖分よりカルシュームやビタミンが多く、まずくても安い煮干しや目刺し、乳製品を与えた。
 それ以外のチョコレートなど美味しい食品のあることは、知らせない。
  そのため、豊かな乳房、胴体が短く、丸いお尻、脚がすっきりした病気のない美女が多く育った。
  肌はふっくらと柔らかく、気持ちよく抱ける体に成長させた。
  小さいうちから兵士と寝かせ、異性と寝ることを何とも感じないように
した。
 気持ちよく抱っこ出来るよう、美形体形で兵士の体に密着するよう
訓練。口や体臭も臭くないよう口臭管理も、口内病や消化器病、鼻を含
む呼吸器業病の管理を徹底した。
 特に虫歯の口は臭いので、砂糖や砂糖製品は一切与えないように
管理されたので体形も良い。
 兵士の抱っこ用に生ませ育てられたので、教育でも、抱っこに都合
の良いことだけしか教えない閉鎖教育。
 お金も知らない。病気のあることも知らない。戦争も知らない
 死も知らない。ただ知っているのは、裸でいること。抱かれること。
 寝かせる兵士は、熟女との経験が豊富で、熟女から評価点のよい、女体を大切に扱う心の優しい厳選された兵士である。
  最初から悪影響を与えると、後に支障が残ることがないようにするためと、熟女をいたわった経験の兵士を選抜するためである。
  最初はどんな兵士か分からないので、先の少ない老女から経験
させて、あまり乱暴な兵士は老女以外使わせないようにした。
  老女になると使い道が無いので、お尻を叩く楽器用になった。
 お尻の穴と、前の穴にマイクを挿入されて、台に乗せられ、演奏家が
お尻を平手で叩いて音色を楽しんでいる。
 お尻が赤くなるほど叩くので、老女は泣いている。
 また、それが可愛いので、演奏家は部屋に持ち返って再利用する。
 捕虜になり、人工授精をされ、子供を産み、男のことは幼少時引き離され戦闘教育だけを受け、女の子は性具にされ、妊娠中や閉経後は兵士の性欲用にされても、自国にいるより、食料もあり医療も受けられ幸せであった。
  食料の豊富な国の捕虜になりたい人は沢山いた。
  その国では、捕虜を戦闘に使う以外殺害は厳禁され、捕虜にも兵士同然の健康管理や医療が施され、捕虜の平均寿命は、自国民の平均寿命の2倍以上になった。
  こんな戦争やめてほしいものである。 
表紙に戻る 販売商品のページ レンタル商品のページ
愛好者のペー 一覧のページ
動画 アダルト動画 ライブチャット